CLON FIX 100ml

型番 BD16
販売価格
3,000円(税込3,300円)
購入数

CLON FIX Rooting Hormone
クロンフィクスは挿し木(クローン)用のオーガニック発根促進ジェルです。含有する100%オーガニック合成ホルモンの働きで、オーキシンなどの植物ホルモンの生成と*カルスの形成を促進し、挿し木用にカットした枝の切り口に根が出るのをサポートします。ジェル状なので枝の切り口へ均等に浸透します。*カルス:植物体が傷を受けた時に傷口をふさぐために増殖する組織。

≪商品詳細≫ 内容量:100ml 重量:±130g 原産国:オランダ

〜使用方法〜
1. 清潔な取り分け用容器(紙コップなど)に、クロンフィクスを少量入れる。
  親株(マザープラント)から状態の良い枝を選び、5〜10cmの長さにカットする。
2. カットした枝の切り口、3〜5mm程度をクロンフィクスに10秒程度浸ける。
3. 軽くふるったカットした枝を培地(ソイル・ロックウール・ココピート・ネオプレンクロンカラーなど)に移植する。
  根の活力剤(ルートコンプレックスなど)を与え、湿気をキープする。

〜プレトリートメント〜
ルートコンプレックスを使用する付帯効果:挿し木(クローン)用の親株(マザープラント)からカットしてすぐの横枝を浸け置く。
・水で薄めたルートコンプレックスに親株からカットした横枝の切り口を30〜60分浸け置く。ルートコンプレックスの濃度は1リットルの水に対して50ml(※通常使用時より10倍濃い)。
・浸け置き後、切り口部分の余分な水を振り落すかキッチンペーパー等で軽く拭き取る。この前処理を行うことで、より健康で安定した挿し木を可能にする。
・その後クロンフィクスを切り口に浸けて好みの培地へセットする。浸け置きで使用したルートコンプレックスは挿し木をセットした培地へ均等に与えてもよい。
親株の処理:挿し木を行う数日前に親株へルートコンプレックスを与える。この作業によって挿し木に根が出るのをスムーズにすることができる。挿し木をカットした後の親株にティエヌティコンプレックスを与えるとリビルドがスムーズになる。

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています